・少年おやじの横顔

 少年おやじ

Author: 少年おやじ
性別   男
氏名   有
年齢   有
住所   有
電話   有
血液型 有
家族   有

・目次
・最新記事
・コメント Thanks!

データ取得中...

・記事一覧

全記事表示

・記事検索

・少年おやじのランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ ブログランキングへ

・ご意見、ご感想など

お名前
メールアドレス
題名
本文

・amazon

・Counted since 2008

第24回 ライトミュージック・フェスティバル・イン・アワ
20190610 DSC02667
 (山の幸カルテット)

 先週の日曜日(6月9日)、南総文化ホールで開催された「第24回ライトミュージック・フェスティバル・イン・アワ」。

 19組のアマチュアバンドが出演し、昼から夜8時までジャンルを超えた演奏を披露。

 長く続いて今年で24回目。ということは、初回に生まれた子供も今年で24歳。(あたりまえのことだけど)

 数年前、初めて聞いた時よりも全体的にレベルが落ちたように ( もちろん、プロ並みのバンドもいますが ) 感じたのと、マンネリ感は否めませんでした。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20190610 DSC02703
 (U.F.O)



房総アジト | 14:54:00 | Comments(0) | ホーム
柴又帝釈天
20190516 DSC02577
 ( 帝釈天題経寺 / 東京都柴又 )

 両国へ行く前に立ち寄ったのが「寅さん」でおなじみの柴又帝釈天題経寺。

 ここは数年前に一度来たことがありますが、その時は境内の一部を見ただけでした。

 その後、テレビ放送された「五木寛之の百寺巡礼」(BS朝日16年11月放送)を見て、帝釈堂の壁面にある超絶技巧の彫刻と庭園(邃渓園)があることを知り今回来た次第。


  にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


 帝釈堂を囲むように10人の彫刻師が分担したという彫刻は、表情豊かな人物と植物・動物などが彫られている。

20190516 DSC02539
 ( 彫刻ギャラリー / 帝釈天題経寺 )


 廊下と回廊を進み、一回り庭園を見ることができる邃渓園(すいけいえん)。
 静けさと手入れされた庭を見ていると、都内にいることを忘れ旅行雑誌で見る京都の寺にでもいるかのよう。

20190516 DSC02564
  ( 邃渓園(すいけいえん)/ 帝釈天題経寺 )


 お土産によもぎの入った名物の「草だんご」を買いました。

20190516 DSC02597
 ( とらや / 柴又帝釈天門前 )




旅のおつまみ | 11:12:00 | Comments(0) | ホーム
大相撲五月場所観戦
20190516 DSC02605
 ( 両国国技館 / 墨田区横網 )

 昨日(5月16日)、生まれて初めて大相撲を観戦してきました。

 今場所横綱白鵬が初日から休場し、この日、新大関貴景勝も右膝靱帯損傷により休場。

 注目力士二人が休場し、盛り上がりに欠ける相撲観戦でしたが、それはそれ。

 館内は外国人客が多く、当然ながら応援の臨場感が半端ない。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20190516 DSC02657
 ( 両国国技館 )

 溜席にはいつも相撲放送で見かける林家ペー・パー子夫妻も( 右端中段 )。

20190516 DSC02660
( 5日目取組 千代大龍vs高安 )




旅のおつまみ | 13:20:00 | Comments(0) | ホーム
旅人宿 石垣屋 / 関宿
20190510 DSC02357
( 旅人宿 石垣屋 / 三重県亀山市 )

 旧東海道関宿の中にあるゲストハウス「石垣屋」。

 5年ほど前の四国旅行の帰路関宿に立ち寄り、飛び込みで宿泊しようとしたゲストハウスですが、五月連休の前にもかかわらず満員で宿泊することができませんでした。

 今回は早めに予約して、ここに宿泊することを1つの条件に旅のプランを作成しました。

 建物内には、昔の家具や生活道具などがそのまま残っていて『まちかど博物館』として展示されています。

 寝袋持参の素泊まりが2500円。値段が意味するのは様々ですが、こういう場所での宿泊も旅の醍醐味。

 宿のホームページに宿泊希望の方は、「宿泊心得」 と Google Mapの「口コミ」 を熟読の上 …… とありました。(笑) 



 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>



20190510 DSC02332
( 旅人宿 石垣屋 )

 鈴鹿峠を前にして今回の旅はここ関宿にて終了。

 次回、坂下(さかのした)宿からの鈴鹿越えは紅葉の時期となるでしょうか……。


20190510 DSC02335関宿
( 旅人宿 石垣屋 )



20190510 DSC02350
( 旅人宿 石垣屋 )




東海道を歩いてみたら | 08:47:00 | Comments(0) | ホーム
次のページ
PAGE UP △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△ ホーム