・少年おやじの横顔

 少年おやじ

Author: 少年おやじ
性別   男
氏名   有
年齢   有
住所   有
電話   有
血液型 有
家族   有

・目次
・最新記事
・コメント Thanks!

データ取得中...

・記事一覧

全記事表示

・記事検索

・少年おやじのランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ ブログランキングへ

・ご意見、ご感想など

お名前
メールアドレス
題名
本文

・amazon

・Counted since 2008

スペイン断章
フラメンコフィナーレ
 ( パティオ・セビジャーノ )

 16世紀の街トレドからマドリッドへ戻り、スペイン最後の夕食は、グラン・ビア通りにある「シレナ・ベルデ」へ行きました。

 「歩き方」 ( 09年版81頁 ) にも掲載されているこの店は、通りに面してデカイ水槽があり、いかにも魚介がうまそうで、本物の ( と、いうのも変ですが ) パエリャを食べました。

 30分ほど時間がかかる。と、いわれて頼んだパエリャは、海老やムール貝が乗っていいて、今まで食べたことのないオリーブ油のきいた美味しいパエリャでした。

 「歩き方」には「本書を見せると5パーセントの値引きする」との記載があったので、帰りに交渉してみましたが、二階レストランを利用した場合のみ値引きされるということです。 ( 残念っていうか、それを先に書いてくれ~ )

 メキシコにいた時より一度は来てみたかった宗主国スペインは、歴史と文化が幾重にも折り重なったところです。世界遺産もゆっくりとは見られませんでしたが、十分堪能することができました。明日、朝7時15分発の飛行機で帰ります。


 「この国ほど、どこへ行っても重層をなす『歴史』が、何の粉飾もなく露出しているところは無いのではないか」 ( スペイン断章 / 堀田善衛著 )

同行者 スペイン情報ブログ
 ヨーロッパ旅行ブログ
 海外旅行ブログ
 レストラン「シレナ・ベルデ」
 地球の歩き方
 ( 九州より参加の新婚ご夫婦 )

スペイン談笑 | 20:02:06 | Comments(0) | ホーム
トレドとマサパン
トレドの街並
 ( 世界遺産トレド旧市街 )

 2000年4月から新しく始まった「NHKスペイン語講座」の講師は、木村拓哉先生 ( 当然、SMAPではありません ) とマドリッド出身のマリア先生。

 その年の春にメキシコ駐在から帰ってきたオイラは、一年間この講座を聞いていました。(普通なら講座を聞いてから赴任するのでしょうが )
 そのマリア先生が、スペインへ行くならと勧めていたのがトレドの旧市街とマサパン。

 今回のスペイン旅行でいちばん見たかった所であると同時に、十年ごしの恋人に会うような気持ちでトレドにやってきました。
 
 タホ川に三方を囲まれたトレドは、小高い丘の上にあり、イスラム・ユダヤ・キリストの三大文化が見られる所。ここには、16世紀で時間の止まってしまった中世の街並みがあります。


マサパン  路地のような曲がりくねった道を歩き、サント・トメ教会の近くの店でマサパンを買いました。

 マサパンはアーモンドの粉と砂糖で作った餃子のような形をした親指大ほどのお菓子。

 パンとは名ばかりの生焼きのクッキーのようなものです。
 世界遺産トレド旧市街 ( Wikipedia )
 スペイン情報ブログ
 ヨーロッパ旅行ブログ
 海外旅行ブログ

 ( マサパン )

スペイン談笑 | 15:04:50 | Comments(0) | ホーム
マドリッド
マドリッド市内
 ( マドリッド / グラン・ビア通り )

 昨日は、ラ・マンチャ地方のコンスエグラからマドリッドへやってきました。

 夕食は中華料理。以前、アメリカのテネシーで食べた笑えるラーメン ( 食べながら麺がどんどん太くなり、量がいっこうに減らない ) の記憶があるので、海外で食べる中華もたいしたことはないと踏んでいましたが、西洋料理に食傷ぎみの舌にここの中華は絶品でした。

 同行の中国人留学生も、その味に感動し中国の中華料理より旨いといって、腹いっぱい食べていました。(笑)

 今朝からマドリッドの市内観光。プラド美術館や王宮を見学したのち、午後はいよいよトレドです。

 プラド美術館は、さすがヨーロッパ三大美術館といわれるだけに、教科書でしか見たことのないゴヤの絵画も展示されています。

 そのぶん、警備も厳重。入館の際には空港並みの手荷物検査がありました。

 そして、いよいよ最後の観光地トレドに向かいます。

 美術鑑賞ブログ
 スペイン情報ブログ
 ヨーロッパ旅行ブログ
 プラド美術館(Wikipedia)

スペイン談笑 | 12:15:15 | Comments(0) | ホーム
ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ
ラ・マンチャ地方の風車
 ( ラ・マンチャ地方コンスエグラの風車 )

 コルドバのユダヤ人街で昼食に「イカの墨煮」を食べ、最終目的地のマドリッドへ向かいました。

 途中のコンスエグラにあるのが、ドン・キホーテでおなじみの風車。風車は小高い丘の上にあり、そこからはコンスエグラの町並みが一望できます。

 バルセロナからここにくるまで、いたるところで近代風車と太陽熱発電を目にする機会があったので、この風車を見た時は、一瞬おとぎの国にきたような錯覚をしました。

 「ドン・キホーテ」もこれほど有名なのに、実際に本を読んだ人はどのくらいいるのでしょう。もちろん、かくいうオイラも読んだことはありませんが……。

イカの墨煮 「ドン・キホーテ」は聖書の次に出版されている正真正銘のベストセラー。

 02年にノーベル研究所が発表した「史上最高の文学」で1位を獲得したとのこと。( へぇ~。知らなかった )

 ヨーロッパ旅行ブログ
 海外旅行ブログ
 ドン・キホーテ (Wikipedia )
 ( イカの墨煮 )

スペイン談笑 | 17:30:01 | Comments(0) | ホーム
花の小径
花の小径
 ( 花の小径 / コルドバ )

 ふと思ったのですが、

 スペインの代名詞、フラメンコ、闘牛、ジプシー、パエリャ、ガスパチョ、アルハンブラ宮殿、メスキータ。これって、全部がアンダルシア地方にあるんですね。

 「○○の小径」と名のつく所も世界中あちこちありますが、( メキシコには口づけの小道というのもありました ) ここコルドバには、ユダヤ人街に「花の小径」というのがあります。

 白壁に素焼きの鉢に入った花が飾られ、有名な観光スポットなのですが、ガイドブックにはただ有名とだけあって、なんで有名なのかの記載はありません。とにかく、有名なのでしょう。

 ユダヤ人街で思い出しましたが、ペイン語圏には三人の有名なパブロがいました。

 パブロ・ピカソ。パブロ・カザルス。う~ん、あと一人パブロ・ネルーダ。
 亡くなったのは三人同じ1973年。

 ふと思ったりして……。

 パブロ・ピカソ (Wikipedia)
 パブロ・カザルス (Wikipedia)
 パブロ・ネルーダ (Wikipedia)
 スペイン情報ブログ

スペイン談笑 | 15:59:00 | Comments(0) | ホーム
メスキータ / コルドバ
メスキータ
 ( 世界遺産 メスキータ / コルドバ )

 昨夜観たフラメンコの余韻も抜けないまま、コルドバへ来ました。

 コルドバでは、日本のテレビでも取り上げられる機会の多くなったメスキータ ( 聖マリア大聖堂 ) を見学。

 メスキータは、イスラムのモスクの中にキリスト教の礼拝堂があるという、日本でいうなら神仏混淆。イスラム建築のアーチの柱の森を抜けると、見上げるような礼拝堂が現れます。

円柱の森 「柱の森」
 馬蹄形のアーチは白い化粧漆喰と赤レンガによってつくられている。

 

メスキータ内部 メスキータの中にあるキリスト教礼拝堂。

 装飾のすごさに圧倒されます。

 スペイン人のコルテスやピサロが中南米を征服して持込んだ、大量の金銀などの一部も、この大聖堂建築に使われたのでしょうか。


 メスキータ(Wikipedia)
 スペイン政府観光局公式サイト(日本語)

スペイン談笑 | 05:51:18 | Comments(0) | ホーム
フラメンコ
フラメンコ

 セビーリャの夜はフラメンコのディナーショーです。

 お店は歩き方 ( 09年版P76 ) にも載っていた「パティオ・セビジャーノ」。一階と二階席があるこじんまりとしたお店せです。

 ショーが始まってすぐに入口付近が騒がしく、何やら救急隊のような人影が。つづいてストレッチャーも運び込まれて誰かが運び出されました。

 患者は他のグループの日本人女性客。昨日の朝、バレンシアでハンドバックを盗まれた人が、体調がすぐれず救急車を呼んだとか。(病院で点滴後、ホテルに帰ってきましたが)

 フラメンコはメキシコでも何度か見ましたが、やはり本場のショーには、ここにしかない迫力と感動がありました。

クリス・ベガ・デル・レイ 今晩の宿泊はクリス・ベガ・デル・レイ。

 新しくできたリゾートホテルというだけあって、部屋は広くて寝室は二つもあり、キッチンもついている驚きのホテル。

 でも、10時過ぎにはシャワーが水になり、トイレットペーパーは背中の部分にあったり ( 座ったままでは手がとどかない ) 、水道の蛇口のコックが外れたりと、使い勝手がイマイチなある意味驚きのホテルでした。(笑)

 ヨーロッパ旅行ブログ
 スペイン語ブログ
 海外旅行ブログ
 地球の歩き方

スペイン談笑 | 17:27:00 | Comments(2) | ホーム
セビーリャ
ヒラルダの塔
 ( セビリア大聖堂・ヒラルダの塔 / セビーリャ )

 ミハスから230キロを走り、アンダルシアのセビーリャに着いたのは夕方近く。いままさにセマナ・サンタ ( 聖週間 ) が始まろうとしていました。

 街はパレードの隊列に観光客。これからミサに向かう人、ひと、ヒト……とにかく人だらけ。

 アルカサル宮殿、セビリア大聖堂、ユダヤ人街を見学したらヘトヘトになりました。

 スペイン広場を囲む建物のアーチの下には、スペイン各県の特徴や歴史をタイルで描いたベンチがあり、その中の一つではフラメンコを踊っていました。

 このあと本場のフラメンコを見に行きます。

ジプシー

 アルカサル (Wikipedia)
 セビリア大聖堂 (Wikipedia)

スペイン談笑 | 15:27:28 | Comments(0) | ホーム
白い村ミハス
ミハス市街
 ( アンダルシア / ミハス )

 4日目の朝は、グラナダ市内のアベンフメイヤホテルを出発。昨晩の夕食はバイキングにもかかわらず、魚貝類の入ったパエリャは美味かった。

 フランスパンも皮がカリカリ、中もっちりでいうことなし。一個まるごとのリンゴも小さい頃に食べたリンゴの食感を思い出させてくれました。

 おとといバレンシアで食べた鶏肉のパエリャは一体なんだったのでしょう。目の前は地中海でパエリャの本場だというのに……。

 今日は400キロを走りセビリアまで。連日数百キロを走っているバスの運転手マノーロ氏は、今日も陽気に大声を張り上げています。

 途中の村ミハスは山の中腹にあって、白壁の家並みが美しい。

 教会の裏手にある展望台からは、晴れていればアフリカ大陸が見渡せるとのこと。あいにくこの日はうす曇。眼下の景色もガスっていて良く見えません。

 メキシコのタスコ ( →こちら ) も同じような白壁の町並みでしたが、どこか暗さを引きずっていたように思います。

 みやげを買って、マノーロ氏の待つバスへと急ぎます。

マノーロ運転手
 ( 右側がタフで陽気なマノーロ運転手 )
 スペイン情報ブログ
 ヨーロッパ旅行ブログ
 海外旅行ブログ

スペイン談笑 | 12:26:01 | Comments(0) | ホーム
アルハンブラ宮殿
アルハンブラ宮殿
 ( アルハンブラ宮殿 / グラナダ )

 昨夜はバレンシアのトリップ・アルムサフェス泊。
 夕食はこの地方の名物料理、鶏肉とインゲン豆のバレンシア風パエリャ。直径120センチはあろう大鍋をホテルの料理人がもったいぶって出してきました。

 同行の人たちは鍋に群がり写真を撮っていましたが、これがまた腰が抜けるほど美味くありませんでした。(笑)

 今朝は朝食時に事件があり、別グループの女性のハンドバッグが盗まれたと大騒ぎしています。バッグにはパスポートも入っていたらしく、被害者の方と添乗員さんは関係方面に携帯電話をかけまくり……オイラでなくてよかった。

 オレンジで有名なバレンシアも見るべきものはあまりなく、中継の宿泊地といったところでしょうか。ここから510キロを移動してグラナダにあるアルハンブラ宮殿へと向かいました。

 バルセロナでもそうでしたが、アルハンブラ宮殿でも添乗員とは別の現地ガイドが見学場所の説明をしてくれます。

 アルハンブラ宮殿を説明してくれた現地ガイドは、アルカイダのビン・ラディンに似たスペイン人。どこまでホントか分からないような冗談まじりの説明は、日本語が完璧。アルハンブラ宮殿もさることながら彼の日本語には驚愕です。
 
 今晩は、グラナダ市内のアベンフメヤ泊。

ヘネラリフェ
 ( 庭園の美しいヘネラリフェ )


 アルハンブラ宮殿 ( Wikipedia )
 ヘネラリフェ ( Wikipedia )
 "村治佳織 / アルハンブラの思い出" / YouTube

スペイン談笑 | 18:21:00 | Comments(0) | ホーム
アンダルシア断章
朝もや




車窓2




車窓3




車窓4

スペイン談笑 | 18:16:42 | Comments(2) | ホーム
バレンシアへ
タラゴナ水道橋
 ( タラゴナ / ラス・ファレラス水道橋 )

 午前中のバルセロナ市内観光終了後、バルセロナ港近くのレストランで昼食を取り、バスでバレンシアへ向かいます。

 この日の移動は370キロ。途中のタラゴナでは2世紀に造られたというラス・ファレラス水道橋を見学。

 高速道路の裏にあるこの水道橋は地元の人でも知らないのでは、と思うぐらい林を分け入ったところにありました。まっ、途中にあるので寄ってみたといったところでしょうか。


日系企業バルセロナ工場 昼食を食べたレストランの前には、某日系企業の自動車工場がありました。

 スペインの車事情はやはり欧州車が多く、日本車はたまに目にするぐらい。

 バルセロナの市街地も車であふれかえっていました。

 スペイン情報ブログ
 ヨーロッパ旅行ブログ
 海外旅行ブログ

スペイン談笑 | 15:00:00 | Comments(0) | ホーム
カタルーニャ美術館。そしてカサ・バトリョとゲスな看板
カタルーニャ美術館
 ( カタルーニャ美術館収蔵 )

 バルセロナオリンピックのマラソンで連呼されたモンジュイックの丘には、カタルーニャ美術館があります。
 ピカソはモダンアートのブロックにあり、こちらは写真撮影が禁止。でも、ピカソ以外は撮影が可能です……このへんもラテン基準のような。


トカゲの噴水 もひとつ、ガウディ。

 グエル公園にあるトカゲの噴水。
 スペインのいたるところ、おみやげ屋には必ずといっていいほど、このトカゲの装飾品が置いてあります。

 カラフルな色彩とトカゲの表情は、あの荘厳な教会を作った同じ人の作品とは思えません。



カサ・バトリョ2 おまけのガウディ、「カサ・バトリョ」。

 隣の広告はなんて醜悪なんでしょう。
 う~ん、どこから見ても下衆な看板です。
 
 カタルーニャ美術館公式サイト
 カサ・バトリョ ( Wikipedia )
 グエル公園 (Wikipedia )

スペイン談笑 | 12:41:08 | Comments(2) | ホーム
おまたせ、ガウディ
モンジュイックの丘
 ( バルセロナ / モンジュイックの丘よりサグラダ・ファミリアを望む )

 昨夜の宿泊は、バルベラデルバシェスにあるキャンバニーレ(Campanile)ホテル泊。
 部屋の前の通路には壁も窓もなく外の景色がまる見え。部屋の通路側はガラス窓だけ。ビジネスホテルだってのは分かるけど、これって、危ねぇじぁ……三階だったからよかったけど。


 てな訳で、お待たせしました。バルセロナです。ガウディです。サグラダ・ファミリアです。
 では、ご覧ください。


サグラダ・ファミリア正面


サグラダ・ファミリア横


サグラダ・ファミリア裏


サグラダ・ファミリア彫刻



サグラダ・ファミリアの日本人 左の写真で緑の上着を着ている方は、現在ここで働く二人の日本人建築家の一人。外尾悦郎氏じゃなくて……えーと、すみません。名前を忘れてしまいました。


サグラダ・ファミリア完成ポスター しかし、足場や建築資材の置いてある建築中の建物の内部を、一般人それも観光客に公開するというのも、日本じゃ考えられませんが……もっとも、建築確認をしていない違法建築らしいのでいいのかな。

 通りをはさんで反対の建物の壁に掲げてあったポスター。なんと、2020年完成と書いてあります……ほんとかなぁ。

 スペイン情報ブログ
 サグラダ・ファミリア ( Wikipedia )
 アントニ・ガウディ ( Wikipedia ) 

スペイン談笑 | 10:08:36 | Comments(3) | ホーム
いざ、スペインへ
ドゴール空港上空
 ( パリ / ドゴール空港上空 )

 成田を午前中に発ち、同日の夕方四時にフランスのシャルルドゴール空港に着きました。

 今回の旅は、代理店ツアーの募集人員がぎりぎりのところを無理やり押し込んでもらい、いざ来てみると大型バス三台分の参加人員があり、約四十名づつが三班にわかれての団体ツアーとなりました。

 こうなりゃ、日本人。信号が赤だろうが相手が金髪だろうが怖くありません。(笑)

 パリのシャルルドゴール空港で、バルセロナ行きのエアーフランスに乗りつぎ、スペインのバルセロナ空港に夜7時35分に着きました。

 ツアーの値段は燃料代込みの食事付き8日間で16万円を切る安さ。( 除く、空港使用料 )

 「オイラも、安いのに弱いんですよね~」

エールフランス

 スペイン情報ブログ
 ヨーロッパ旅行ブログ
 海外旅行ブログ

スペイン談笑 | 19:00:32 | Comments(2) | ホーム
そうだ、スペインへ行こう
カレンダリオ
 ( 寄木細工のカレンダリオ / メキシコみやげ )

 1月より始めたヤフオクも ( →こちら ) 写真のようなメキシコみやげなどを出品して、この二ヶ月間で海外旅行一回分ほどの売り上げがありました。

 落札してくれた人の中には、一度に数点を落札してくれた人や、入金してくれたのに連絡先を知らせてこない人、「送料は別」と案内しているのに送料込みか、と落札後に聞いてくる人などといろいろな人がいます。

 傑作なのは、安い品をひとつだけ入札して、別の高い品物数点を入札するから半額にしろ、という無茶な相談をする人もいたりして、まるでお祭りの露店さながらの駆け引きがあったり落札者とのやり取りも楽しめました。

 てな訳で、海外旅行一回分をJR東海風に

 「そうだ、スペインへ行こう」

 と思い立ち、来週バルセロナからグラナダを経由してマドリッドへ行ってきます。

 ( おまけ )
  わざわざ京都に行くのに、なんでまた「そうだ」と思いつきで行くのかは、JR東海の説明がないのでオイラには分かりませんが、この思いつきが人生で大事なのでしょう……きっと。

 スペイン情報ブログ
 ヨーロッパ旅行ブログ
 海外旅行ブログ
 スペイン王国 ( Wikipedia )
 地球の歩き方(スペイン)

スペイン談笑 | 08:12:07 | Comments(2) | ホーム
PAGE UP △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△ ホーム