・少年おやじの横顔

 少年おやじ

Author: 少年おやじ
性別   男
氏名   有
年齢   有
住所   有
電話   有
血液型 有
家族   有

・目次
・最新記事
・コメント Thanks!

データ取得中...

・記事一覧

全記事表示

・記事検索

・少年おやじのランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ ブログランキングへ

・ご意見、ご感想など

お名前
メールアドレス
題名
本文

・amazon

・Counted since 2008

尾張名古屋は城だけかい?
20181017 DSC01246
 ( 名古屋城 / 名古屋市中区 )


   「伊勢は津で持つ、津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ」 ( 伊勢音頭 )


 今では「のぞみ」も停車し、お城だけではなくなった名古屋。

 県と名古屋市が60億円支払ってボストンの「ボストン美術館」から展示品を借りてつくった「名古屋ボストン美術館」 ( 名古屋にも美術品はあるだろうに ) も観てみたかったけれど、タッチの差(10月8日)で閉館していました。

 名古屋城も復元完成した本丸御殿は見ましたが、「木造復元」を目指す天守閣の公開予定は2022年。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20181017 DSC01213


 「名古屋飯し」も今年3月に名古屋城そばにオープンした『金シャチ横丁』で食べる予定でしたが、行ってみると店舗数も少なく、結局、駅の地下街で「味噌煮込みうどん」を食べました。

 知人に頼まれて名古屋土産に買った笹井屋の「なが餅」は、名古屋ではなくて四日市土産。

 いまひとつ釈然としない名古屋の一番の思い出は……「大須大道町人祭」。(笑)

 期待していた名古屋だけに、これでは次回も名古屋からの挑戦になるでしょうか?

20181017 DSC01253
 ( 金シャチ横丁/ 名古屋市中区 )


東海道を歩いてみたら | 13:05:00 | Comments(0) | ホーム
宇宙船を見ましたか?
20181017 DSC01259 オアシス21
 ( オアシス21 / 名古屋市東区 )

 名古屋テレビ塔から見た「オアシス21」。

 上から見ると都市計画の模型みたいな「オアシス21」は、公園などと商業施設の複合施設。

 地上から見ると宇宙船のような大屋根には、水が流れていて外周をお散歩できる。

 でも、ただ歩いてまわるだけなのでオジサンがひとりで歩いても……つまらない。(笑)


20181017 DSC01200 オアシス21
 ( オアシス21 地上 / 名古屋市東区 )

 今まで名古屋はあまり興味もなく、自転車旅行の時もスルーしてしまいました。まして、関東圏に住んでいると大阪・京都に比べ、名古屋地域のメディア露出が少ないためかこの施設などここに来るまで知りませんでした。

 というものの、広島の路面電車は知っていても名古屋に地下鉄があるのを知らなかったのは……エッ! オイラだけですか? (汗)


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20181017 DSC01270 オアシス21
 ( オアシス21 屋上 / 名古屋市東区 )


東海道を歩いてみたら | 10:08:00 | Comments(0) | ホーム
長久手古戦場とトヨタ博物館
20181016 DSC01192
 ( 長久手古戦場公園 / 愛知県長久手市 )

 目的地の「七里の渡し」へ到着し、今回の旅はここでいったん終了。

 次の桑名までは次回へゆずり、今日のこれからと明日は名古屋市内を観光して自宅へ帰ります。

 大須大道町人祭に続く名古屋の物見遊山は、地下鉄に乗って藤が丘駅まで行き、愛知高速(リニモ)に乗り換え、長久手古戦場公園を散策したのち近接のトヨタ博物館を見学。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>

20181016 DSC01132
 ( トヨタ博物館 / 愛知県長久手市 )

 博物館はトヨタ自動車創立50周年記念事業のひとつとして、1989年(平成元年)に開館。

 ガソリン自動車の誕生から車の歴史をテーマに、トヨタ車だけでなく世界の各メーカーの車が体系的に展示されています。

 車はどれもぴかぴかに磨かれ、時代もメーカーも超えた名車の展示はさすが世界のトヨタ。太っ腹ぁ。

 展示されてる日本車の中には、オイラが免許取得後に初めて運転した車もありしばし感動。

 団塊世代や車好きにはたまりませんでしょうネ。


20181016 DSC01140


20181016 DSC01151


20181016 DSC01186


20181016 DSC01163


20181016 DSC01165


20181016 DSC01171


20181016 DSC01175


20181016 DSC01180



東海道を歩いてみたら | 15:30:00 | Comments(0) | ホーム
熱田神宮と七里の渡し
20181016 DSC01093
 ( 熱田神宮 / 愛知県名古屋市 )

 桶狭間の古戦場跡から北西約10キロの距離にある熱田神宮。

 戦国時代、織田信長が今川義元との戦いにに向かう途中に戦勝祈願して勝利した。

 江戸時代になると熱田は「宮」とも呼ばれ、海路で桑名に向かう舟着場としても栄えていた。


20181016 DSC01111
 ( 信長塀 / 熱田神宮 )

 日本三大土塀のひとつ信長塀。織田信長が今川義元に勝利したお礼に奉納。土と石灰を油で練り固め瓦を厚く積み重ねた築地塀。



 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20181016 DSC01121
 ( 七里の渡し跡 )

 今は海の大部分が埋め立てられ、桑名までの定期船もなく「七里の渡し跡」には常夜灯と時の鐘が復元されていました。


東海道を歩いてみたら | 14:24:01 | Comments(0) | ホーム
有松絞りと重要伝統的建造物群
20181016 DSC01062 有松
 ( 有松 / 名古屋市緑区 )

 旧東海道池鯉鮒宿 (ちりゅうのしゅく) と鳴海宿の間宿 (あいのしゅく) 「有松」。

 沿道には卯建の瓦屋根に塗籠造 (ぬりごめづくり)、虫籠窓 (むしごまど) という伝統的な家並みが軒を連ね、格子窓には名産の「有松絞り」の暖簾が掛かっています。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20181016 鳴海有松
 ( 鳴海・名物有松絞 / 歌川広重 )



東海道を歩いてみたら | 12:12:00 | Comments(0) | ホーム
「桶狭間」はどっちだ?
20181016 DSC00996史跡1
 ( 桶狭間古戦場伝説地史跡 / 愛知県豊明市 )


 直線距離が1キロたらずのところで合戦場所の争いをしても、よそ者にはどっちでもいいような気がするけれど、当事者にとっては死活問題なのでしょう。

 今では住宅街になってしまった、戦国時代に織田信長と今川義元が戦った桶狭間。


20181016 DSC01006史跡2
 ( 桶狭間古戦場伝説地史跡 / 愛知県豊明市 )

 名鉄の駅 (中京競馬場前) から歩いて数分の豊明市にある「桶狭間古戦場伝説地史跡」には明治時代に建てられたという今川義元の墓があります。


20181016 DSC01035公園1
 ( 桶狭間古戦場公園 / 愛知県名古屋市 )


 一方、豊明市の「桶狭間古戦場伝説地史跡」から歩いて20分たらずの名古屋市緑区には「桶狭間古戦場公園」があり、織田信長と今川義元の銅像が建てられていました。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20181016 DSC01024公園2
 ( 桶狭間古戦場公園 / 愛知県名古屋市 )



東海道を歩いてみたら | 11:42:00 | Comments(0) | ホーム
出合之像 / 愛知県岡崎市
20181016 DSC00987 出会いの像
 ( 出合之像 / 岡崎市矢作橋 )

 八帖町から西へ歩くと5分もかからず矢作川。川に架かる橋のたもとに豊臣秀吉(日吉丸)と蜂須賀小六の出会いにちなんだ「出合之像」があります。

 各地を放浪し矢作橋の上で寝ていた日吉丸と蜂須賀小六の劇的な出会いは、多くの人が知っている有名な話です。が……

 ( 矢作橋が最初に架けられたのが1601年。関ヶ原の戦の翌年ということは豊臣秀吉は幼少ではなく既に亡くなっているため、この話は創作だとのこと )

 なァんだ、今まで史実だと思っていたのに。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


東海道を歩いてみたら | 07:43:00 | Comments(0) | ホーム
内田修ジャズコレクション展示室 / 愛知県岡崎市
20181015 DSC00962
 ( 内田修ジャズコレクション / 愛知県岡崎市 )

 岡崎城二十七曲りの途中、岡崎市図書館にある「内田修ジャズコレクション展示室」。

 日本のジャズを陰で支援した医者の内田氏は、自宅にスタジオを設置し、オーディオや楽器類などをジャズミュージシャンに提供。

 展示室には、彼の所蔵したレコードや雑誌などの膨大なコレクションの一部を展示。

 ジャズドラマーの富樫雅彦も事故で下半身不随となった時、内田邸で療養していたという。

 車イスで両手のみで演奏した富樫雅彦考案のドラムセットも展示されていました。(20181015 1521)


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>
 内田修ジャズコレクション展示室 >>
 富樫雅彦 & J.J.Spirits / YouTube >>


20181015 DSC00952
 ( 富樫雅彦のドラムセット / 内田修ジャズコレクション展示室 )



東海道を歩いてみたら | 16:50:00 | Comments(0) | ホーム
西へ八丁 / 岡崎城下二十七曲り
4 20181015 DSC00937.jpg
 ( 田中吉政石碑 )

 岡崎城二十七曲りは、豊臣秀次の家老田中吉政が岡崎城に入城し、防衛上の理由から10年かけて造ったとのこと。

 迷子にならないよう案内柱をたどりながら「れ」まで来ると、そこは現在の八帖町。

 岡崎城より西へ八丁(870m)の距離にある八帖町 ( 旧八丁村) には、八丁味噌で知られた味噌蔵があります。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


5 20181015 DSC00967
( 二十七曲り案内表示 )



6 20181015 DSC00969
( カクキユー本社屋 / 岡崎市八帖町 )



東海道を歩いてみたら | 15:56:00 | Comments(0) | ホーム
東海道二十七曲り / 愛知県岡崎市
1 20181015 DSC00980
 ( 岡崎公園 / 岡崎市康生町 )

 昨晩は岡崎市のビジネスホテル泊。

 昨年秋に訪れた「掛川の七曲り」につづき、今回は「岡崎の二十七曲り」。

 東岡崎駅の観光案内所でいただいたパンフレットによれば、二十七曲りのスタートは冠木門のある場所から岡崎城の北を巡り、終点の八丁蔵まで歩いて約2時間半のコース。

 きっと迷子になる人も多く、住民も道を尋ねる多くの観光客に閉口したのでしょう、ルートには木目の柱に「金のわらじ」のついた案内表示が設置されていました。

 柱に記載された矢印の方向へ「い・ろ・は」の順に進んでいくと終点の八丁蔵まで市内を観光しながら迷わずに行くことができます。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


2 20181015 DSC00924
 ( 冠木門 / 岡崎市若宮町 )



3 20181015 DSC00931
 ( 二十七曲り案内表示 )



東海道を歩いてみたら | 13:20:00 | Comments(0) | ホーム
御油(ごゆ)の松並木
20181015 DSC00902 御油松並木
 ( 御油の松並木 / 愛知県豊川市 )

 東海道で芦ノ湖畔の「箱根の杉並木」と並んで有名だという「御油の松並木」。

 御油宿から赤坂宿にかけて立派なクロマツの木が600メートルに及ぶ。

 夏は日差しを避け、冬は防風・防雪の役目を果たしていた。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20181015 御油
 ( 御油 旅人留女 / 歌川広重)

 腕や荷物をつかみ旅人を奪い合う御油の名物「留女」。強引に旅人を引き止める様子が描かれている。



東海道を歩いてみたら | 11:57:00 | Comments(0) | ホーム
東海道「吉田宿」 / 愛知県豊橋市
20181015 DSC00867 豊橋
 ( ハリストス正教会 / 愛知県豊橋市 )

 昨夜は名古屋市内に宿泊し、朝いちばんの電車で前回終了した豊橋市へ。

 それにしても異次元の「大須大道町人祭」。

 新幹線「のぞみ」運航開始時(1992年)、名古屋駅に停車しないので「のぞみなし」といわれた名古屋。名古屋初体験のオイラにとって、妖しく「ひかり」がまたたいていました。

 予報で曇りだった豊橋市内は、路面電車で「ハリストス正教会」へ向かうと小雨まじり。

 豊橋公園内の吉田城を見学して、豊橋の地名の由来となった豊川にかかる「豊橋」を歩いて渡り、東海道35番目の宿「御油」 (ごゆ) へ。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20181015 DSC00885 豊橋
 ( 吉田城 / 愛知県豊橋市 )



20181015 DSC00900 豊橋
 ( 豊橋 / 愛知県豊橋市 )


東海道を歩いてみたら | 08:00:00 | Comments(0) | ホーム
金粉ショー / 第41回大須大道町人祭
20181014 DSC00687 観客
 ( ふれあい広場 / 名古屋市大須商店街 )

 「 30分前に行かないと見られませんよ ! 」と人から聞いて、一時間前に会場に来ましたがすでに会場は観客でいっぱい。

 会場が狭いのか善男善女が多いのか、会場となったふれあい広場は錐も立たない。

 お目当ての大駱駝艦の金粉ショーが始まり、黄金に輝く妖しい男女の踊りを見ていると、ここが大都会の中の商店街ということを忘れてしまうほどあまりに淫靡。

  ♪Wind is blowing from the Aegean~  女はうみ~♭ィ~

 白塗りの海賊風の猫娘がマイクを握って歌うジュディ・オングの歌は、わざと調子を外しているのか外れているのか、そもそも上手いのか下手なのか分からない特異な世界。

 40分ほどの妖しいショーが終わると、狭いところで立ったままの身体はすぐに歩くことができませんでした。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>
 大須大道町人祭 >>
 2018 金粉ショー大駱駝艦 / YouTube動画 >>
 おまけ
 2014 金粉ショー大駱駝艦(トップレス Ver. ) / YouTube動画 >>


  金粉ショー / 大駱駝艦
20181014 DSC00816 金粉1




20181014 DSC00793 金粉2




20181014 DSC00831 金粉3.




20181014 DSC00769 金粉4



東海道を歩いてみたら | 15:48:00 | Comments(0) | ホーム
万松寺 / 第41回大須大道町人祭
20181014 DSC00864万松寺1
 ( 南条まさき四畳半劇場 / 第41回大須大道町人祭 )

 路地の国立劇場でやっていたのは、懐かしい昭和の時代の大衆演劇。

 唄って踊って見得を切る役者の懐には、日銀発行の絵葉書が扇の形で入っていました。

 劇場横の建物は、戦国武将の織田信長が父織田信秀の葬儀の際、位牌に抹香を投げつけたというあの万松寺。 ( 大須に移る前、那古野城南側にあったという )

 そもそも、今回の旅で万松寺を探していたら、この大道町人祭を見つけ先に名古屋へ来てしまった。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>
 大須大道町人祭 >>

20181014 DSC00864万松寺2
 ( 亀嶽林万松寺 / 名古屋市大須 )



東海道を歩いてみたら | 15:10:00 | Comments(0) | ホーム
第41回大須大道町人祭 / 名古屋市中区大須
20181014 DSC00660
 ( 浮遊型スタチュー / 第41回大須大道町人祭 )

 1970年代後半、さびれてしまった大須の商店街に客を呼び戻すために企画された「大須大道町人祭」。

 第1回は1978年に開催され、今年で41回目。前夜祭を含めて3日間、商店街のあちこちで大道芸人のパフォーマンスが繰り広げられる。

 ジャグリングやパントマイムはもちろん、プロレスやガマの油売りにバナナのたたき売りとちんどん屋等々。

 そして、ここならではの「花魁道中」。異次元にして圧巻なのは ― ― →「金粉ショウ」。

 さすが、「味噌煮込みえびフライうどん」を食する、ごった煮文化の「魔都名古屋」。(笑)

 倉敷化を目指し失敗している地方の観光地に比べ、その全てがぶっ飛んでいる。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>
 大須大道町人祭 >>

20181014 DSC00837
 ( がまの油売り / 第41回大須大道町人祭 )



東海道を歩いてみたら | 14:48:00 | Comments(0) | ホーム
まっていたのは / 第41回大須大道町人祭
20181014 DSC00843商店街
 ( 名古屋市中区大須商店街 )

 高速バスに5時間揺られて名古屋に着き、地下鉄を乗り継いで「大須観音駅」を出ると、そこはプロレス特設会場。

 観音様と善男善女の見ている前で、女性レスラーが空を飛ぶフライング・ボデ~~~イ~~~。

 最初に名古屋に来た訳は、気になるお天気のせいでもなく、それは「大須大道町人祭」。

 カオスな世界が待っている。(笑)

 ♪それでええがね。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>
 大須大道町人祭 >>
 大須大道町人祭タイムスケジュール >>
 なごや大須商店街公式HP >>

20181014 DSC00645 女子プロレス
 ( 大須観音大道女子プロレス / 第41回大須大道町人祭 )

東海道を歩いてみたら | 13:48:00 | Comments(0) | ホーム
まっとたがね / 豊橋市から
20101014 DSC00688 ふれあい広場2
 ( 愛知県名古屋市 )

 連続した台風の影響でさえない日が続き、天気のいい日を待っていたのではないけれど、前回の豊橋市から歩いて行く東海道のつづきは……。

 今回は最初に高速バスで名古屋まで行き、そのあと電車で豊橋へ戻り、そこから歩いて名古屋を目指す一見無駄に思えるスケージュール。

 その理由は後述するとして、東京→名古屋のバス普通運賃が5,250円だなんて……。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20181014 DSC00624 八重洲南口
 ( 早朝の東京駅八重洲南口バスターミナル )

東海道を歩いてみたら | 07:51:00 | Comments(0) | ホーム
すこぶるべっぴん / 吉田宿(豊橋市)
20180522 DSC10123吉田宿本陣跡
 (吉田宿本陣跡 / 愛知県豊橋市)

 三河国吉田宿(愛知県豊橋市)に到着。

 「べっぴん」の語源発祥のうなぎ屋「丸よ」の店先には「吉田宿本陣跡」の標柱がたっています。

 なるほど、極上品の「べっぴん」とは鰻なんだ。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20180522 DSC10122 別嬪
 ( うなぎ 丸よ / 愛知県豊橋市 )

 旧東海道を豊川に架かる豊橋まで歩いたのちJR豊橋駅へ折り返し、せっかくここまで来たのだからとJR飯田線に乗って豊川稲荷を参拝。

 明日の天気は朝から雨が避けられそうになく、計画した岡崎まで行くのをあきらめて、六回目となる今回はここ豊橋市内で一泊し、明日は朝から帰宅することにいたします。


20180522 DSC10111豊川稲荷
 ( 豊川稲荷 / 愛知県豊川市)


東海道を歩いてみたら | 15:33:00 | Comments(0) | ホーム
遠江国から三河国
20180522 DSC10070 愛知県
 ( 愛知県豊橋市東細谷町 )

 白須賀宿から二川宿までは約6キロ。二川宿からはイチロー選手と藤井聡太七段を輩出した愛知県に突入。

 二川宿の旧東海道沿いは、白須賀宿同様、道路の拡幅もなされないまま昔の面影を残しています。

 通り沿いには名主などを勤めた田村家の遺構「商家駒屋」があり、主屋・土蔵などの建物が見学できます。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20180522 DSC10092駒屋
 ( 商家「駒屋」/ 愛知県豊橋市)


東海道を歩いてみたら | 10:30:00 | Comments(0) | ホーム
潮見坂から白須賀宿へ
20180522 DSC10058 潮見坂2

 潮見坂を上ると遠江では最後の白須賀宿。

 この付近の国道1号線は車はもちろん自転車でも走り、道の駅「潮見坂」は足湯もあって何度か利用しましたが、本来の潮見坂がこの場所だとは知りませんでした。

 白須賀の街は、潮見坂の勾配が急なため東海道本線が鷲津経由となり、国道一号線も街をはずれたため、今も昔のままの家並みとたたずまいを残していました。


 にほんブログ村「オヤジブログ」ランキング >>


20180522 DSC10048 潮見坂1
 ( 潮見坂 / 静岡県湖西市 )


東海道を歩いてみたら | 08:11:00 | Comments(0) | ホーム
次のページ
PAGE UP △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△ ホーム